ゲームを作ると言うこと


子どもの娯楽の王様と言えば、

テレビゲームではないでしょうか。

テトリスやインベーダーなど単純なソフトもあれば、画像が現実世界と見間違うほどリアルなものまで、その幅は広がり、子どもから大人まで楽しめる娯楽にまでなっています。

ゲームをプレイするだけでは物足りない。

自分でゲームを制作したいと思う人がいるはずです。

専門学校へ通って本格的に学ぶのも、場合によっては間に合うのですが、事前にゲーム制作について知らなければ付いていけない世界でもあります。

では、ゲーム制作は一体どこから始めればいいのでしょうか。

そんな疑問にお応えしていこうと思います。

必要なツール

ゲーム制作になくてはならないツールは、パソコンです。

今では、廉価で買えますが、ゲーム制作に使うプログラムは日々進化しているのと、古いパソコンだと処理速度が遅くなるのでなるべく新しい物を揃えましょう。

そして、次に重要なのがゲーム制作を行うソフトウェアです。パソコンがあってもソフトがなければ始められないので、パソコンとソフトは揃えておかなければなりません。

どんなソフトウェアがあるの?

ソフトウェアは、無料でダウンロードできるものがインターネット上にたくさんあります。

RPG・アクション・シュミレーション・シューティングなどジャンルごとに別れており好きなソフトをダウンロードすればさっそく制作することが出来るのですが、無料であるゆえ初歩的なソフトといえます。

有料のソフトはそれなりに機能が充実していますが、初めの一歩を踏み出すのであれば、無料のソフトをお勧めします。

ゲームの要素・プログラミング

ゲーム制作の大本となるのがプログラミングです。

プログラミングとは、パソコンに分かるように人間の言葉をパソコンの言葉で伝えることです。

プログラミングすることで、ゲーム上のキャラクターが動いたり、背景が変わったりするのでゲームを作る際は必要不可欠です。

プロのゲーム制作者はこんおプログラミング言語に精通しなければ通用しないでしょう。
ゲーム制作に使用されるプログラミング言語は主に3つあります。

・Java

Javaは、もっとも古い言語とされており、プラットフォームが変わっても正しく機能するように設計されているので、世界的に人気があります。

理解するのが難しいのですが、C言語やC++言語と共通するところもあるので、覚えておいて損はありません。

・C言語

世界的に見ても広く使われているので汎用性の高い言語とされています。

多くの言語に盈虚うを与えたと言われており今でも人気の高い言語の一つです。

・C++

C言語を発展させた言語で、これも広く使われており、C++から覚える人もます。

C++を理解することは、プログラミングを根本的なところから理解していくのと同じようなことと言われています。

ゲーム業界で働きながらプログラミングが学べる学校をご紹介します!